■女性用の頭皮シャンプーの特徴

頭皮シャンプーが大人気です。
シャンプーは髪を洗うのではなく、頭皮を洗うという本来の目的を思い出させてくれたのがこの頭皮シャンプーです。
シャンプーではもちろん髪の毛の汚れも洗いますが、頭皮の汚れの方が問題で、この頭皮を清潔に保つことで発毛の土台がしっかりと整備され発毛が可能になるのです。そういったことから、頭皮を洗うことが注目されるようになりました。
具体的にはノンシリコン、そして優しい洗浄力というのが頭皮シャンプーの常識となっているようです。
これまでのシャンプーには、髪を熱や摩擦などの刺激から保護するためのシリコンが配合されていました。
シリコンは髪の毛1本1本をコーティングし、ダメージから守ってくれる優れものですが、実は頭皮に付着すると厄介なことになります。それは毛穴を詰まらせることです。
毛穴から毛が生えてこようとしても、シリコンによってふさがれているので思うように発毛できないというのです。
そこで、毛穴を詰まらせる原因となるシリコンの代わりに、毛穴を詰まらせないコーティング成分を配合したのがノンシリコンシャンプーなのです。
また優しい洗浄力の方ですが、これまでのシャンプーはとにかく汚れを落とすことがメインで、頭皮に必要な皮脂まで洗い流してしまっていました。皮脂というのは実は汗などと混ざって天然の保湿剤の役割を果たしているのですが、それがなくなると頭皮が乾燥し、発毛に支障が出るわけです。
そこで頭皮シャンプーでは、洗浄力の強すぎる合成界面活性剤ではなく、アミノ酸系や天然石けん性の洗浄成分で頭皮に必要な皮脂を残しながら、汚れだけを落とすことに成功したのです。
そんな頭皮シャンプーですが、性別によって商品が違います。女性であればやはり女性用を使うべきで、それは香りとか、使用感も男女異なるのはもちろんですが、実は含まれる有効成分に違いがある場合があるためです。
男性の抜け毛は抜け毛ホルモンとも言われるDHTが原因がほとんどですが、女性の場合そうではなく、血行不良が原因であることがほとんどです。
つまり、男性用のシャンプーにはDHTを抑制するような成分が入っている可能性が高いので、女性がそれを使うことは推奨されません。女性用には血行を促進するような成分が多く含まれるシャンプーが多いので、女性であればそちらを利用するようにしましょう。